2006年05月28日

王様のカレー

以前ちょっとだけブログで紹介した渋谷のカレー屋、
ラージマハール
今日は専門学校の昼休みにクラスメート達、先生と行ってきた。

ra-jimaha-ru

渋谷にある本格派インドカレー屋で都内に支店が多数ある。
宮廷料理も手がけているのでディナーは結構な値段なのだが
ランチはチキン、マトンなど数種類のカレーにデザート、
ドリンク付きでサフランライスとナンは食べ放題。
これで1000円という驚きのコストパフォーマンス。
もちろん美味い!
うまいランチの食える渋谷の店をネットで検索している時に
偶然見つけたのだが、ここは当たりだった。
ナンがおいしくてスイスイ入ってしまい、
先生が「ナンお代わり、2、3切れぐらいで」
と言ったにもかかわらず、
巨大なナン2切れをいくつかにカットしたものを
バスケットに入れてくるインド人の店員。
こっちはカットしたやつ2、3切れのつもりだったのに
なんて大胆不敵なんだ。
これがセレブの食い方なのかとちょっと驚いた。


そういえば幾度と無くカレーの話題が出るこのブログ。
こんなにカレー好きだったかなぁ?と自分自身に不思議発見。
posted by fay(フェイ) at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

渋谷ランチ記騒ぎ

専門学校の昼休み、
渋谷のカレーショップ「いんでいら」に初めて足を運ぶ。
移り変わりの激しい渋谷のレストランの中で
創業50年を誇る老舗カレー屋だ。

欧風カレーとインドカレーという2種類のカレーを常備している。
4人がけのカウンター席と
4人がけ、2人がけのテーブル席が1組ずつという小さな店。
今日はタンドリーチキンカレー920円を注文してみる。
カレールー自体はなかなかのお味。
しかしタンドリーチキンがしょっぱ過ぎ。
辛いんじゃなくてしょっぱ過ぎ。
うへー、カレーが甘く感じるよ。
おススメ商品の唐揚げカレーにすればよかった。

渋谷で「ランチ」にカレーを食べるなら
ここよりも「ラージハマール」の方がいい。


カレー食ってから3時間くらいカレー味のゲップが出続けた。



「いんでいら」
渋谷区道玄坂2-29-6 道玄坂センタービルB1F
TEL:03-5458-8154
■営業時間/11:00〜22:00
■定休日/年中無休

「ラージマハール渋谷本店」
東京都渋谷区宇田川町30-5 JOWビル5F
03-3770-7677
11:30〜23:00(L.O.22:30)
無休(年始は要問合せ)
posted by fay(フェイ) at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

レシピに無い味

ソニーのプレイステーション3の価格と発売日が発表された。
11月11日発売、価格は税込み62790円。
お!誕生日と同じ日に発売だ、
誰かプレゼントしてくれないかなーと、にわかに期待してみたり。

しっかし高いゲーム機だなー、
これにゲームソフト1本買ったら7万だよ7万!
ロースペックのパソコンと大差ねえよー。
こんなもの子供にねだられてもそう簡単には買えんよなぁ。
原油価格高騰で、ただでさえキツイ庶民の財布事情なのに。
日本のお父さん方、今年のクリスマスは頑張ってください。
まあでも、みんな様子見だろうな。


今日は例によって東急百貨店・渋谷東横店で開催中の
60年代ダイニグ」に行ってきた。
1960年代当時の人気食料品を一同に集めた催し物。

今回購入したのは
ザ・ハンバーガーインのデラックスバーガー。

hanbaga.JPG

1950年に六本木にオープンした
日本で初めてのハンバーガーショップ。
お店は去年閉店してしまったのだが
当時のレシピを元にハンバーガーを今回復刻させた。
肉、レタス、トマト、たまねぎ、チーズのクラシックなバーガーだ。
でもいわゆるファーストフードのハンバーガーとは
少し違う味で、なかなかおいしいかも。
どこかで食べたことのあるような…。
でもそれがどこかは分からない。
どうやら、スパイスに「ノスタルジー」が使われているようだ。


デザイナーのワシさんにおみやげを頂いた。
静岡名物うなぎパイとお茶パイ。

unagipie.JPG

変わらぬおいしさ。
そして変わらぬキャッチコピー「夜のお菓子」
その一行からよからぬ想像を膨らませつつ、
パイを噛みしめた午後であった。
posted by fay(フェイ) at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

プチがっかり物産展

27日から東急百貨店渋谷東横店で開催中の
沖縄物産展」に出勤前に立ち寄る。
前回の福岡物産展よりも若干客足が少ない気がする。

店のオバちゃんの試飲試食攻撃をかわしつつ
会社の人のリクエスト品やら自分の昼食やらを探す。

takosu.JPG

今日の昼食は沖縄セット。
画面手前左「角煮ポーポー」210円
お好み焼き生地の中に豚の角煮をつつんだもの。
と、チラシには書かれていたが
生地に妙な甘さがあり、大判焼き用の生地としか思えない。
ゴーヤが入ってるらしく、後味に若干の苦味もある。

続いて手前右、「タコス」263円
挽肉と野菜のバランスが最高!
今日の買い物の中で1、2番のうまさ☆

奥右「おにぎりかまぼこ」210円
刻んだごぼうや人参の入ったかまぼこに古代米が包まれている。
それなりにおいしいが、
古代米に味付けは無く、かまぼこの味しかしない。
1日100個限定だそうで、急いで買いに走ったのだが
店頭では金属製のバットにちんまりと並べられていて
とうてい限定品とは思えない扱いをされていた。
目玉商品じゃないの?おばちゃん。

奥左「ピバーチメンチ」
沖縄特有のこしょう「ピバーチ」を使用したメンチカツ。
これが今回の一番の曲者!
店頭に保温機があり、
すごくボリュームのあるメンチが並べられていたのだが
会社で開けてみると…あれ?小せえ!
一口ハンバーグ大の大きさしかない。
あの店にはメンチは1種類だったはず。
ぐぬぬぬ、これが商売か!
ちょっと卑怯だなぁ。これが今回のがっかり大要因。
ピバーチはいい香りだったけどね。

それでも当たりはあった。
デザイナーSさんが買ってきた「黒糖アガラサー」210円

agarasa.JPG

沖縄風蒸しパン。普通の蒸しパンよりもっちりしている。
これはうまい!素朴で黒糖の甘さが調度いい☆
大きさ、値段、これなら納得できる。

締めは「紅芋ロールケーキ」1050円

beniimo.JPG

これも他の人に頼まれたもの。
良く言えばかわいらしい、
悪く言えば、ちっちゃいくせに1000円ってどーなのよ?
でも普通にうまかった。
うーん、ジャスミン茶を奥に配置するべきだった。
これではどっちが主役か分からない(笑)

輸送費がかかるせいなのか
値段のわりに量が少ないものが多数見られた。
まあ関東の人間にしてみたら珍しい物ばかりなので
行く価値はあるかと。

ミス沖縄が来てたのだが
エスカレーターの降り口に1人ポツンと立っていて
誰も気付いてなかった。
あまりの薄幸な雰囲気がちょっとかわいそうだった。
もし行ったら声かけてあげてください(笑)
5月3日水曜日まで。
posted by fay(フェイ) at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

夏を先取りっ!

デザイナーのワシさんと
ラーメン屋「広州市場」へ。
品川や五反田など数店舗を構えるこの店、
中目黒店は2月にオープンしたばかり。
ワンタン麺が売りなのだが、
タイトルにもあるように今日から冷やし中華を始めた。
スープの味は醤油、ゴマ、坦々麺の3種類。

hiyasicyuka.JPG

ワシさんはゴマ、自分は醤油を注文。
共に少し甘めの味付け。
しかし中華麺はコシがありけっこうイケる。
季節モノ飲食物の早期売出しは、
利益よりも客に「見せる」事を重視しているそうだ。
こないだ桜が咲いたと思ったらもう冷やし中華か。
これじゃ来月にはおでんが食えちゃうよ。

会社に戻る途中のナチュラルローソンでワシさんが見つけた
「できたて緑茶」

cha1.JPG

お茶なのに無色透明。
そしてなぜかキャップが2つ付いている。

cha2.JPG

予想通り、緑色のキャップを開けると
中蓋が取れ、緑茶の粉末が降ってきた。
おーこれはなんだかすごいことになりそうだぞ。
そして最後はボトルをシャバシャバ。

cha3.JPG

あっという間に緑茶の出来上がり☆
味は見た目通り濃い目の緑茶。
市販の薄いお茶が気に入らない人にはこれはいいと思う。
「おーいお茶・濃い味」よりこちらの方が
ちゃんとお茶の味がしてうまい。
しかし中蓋は入ったまま…。
まあ、ラムネのビー玉と同じと思えば。

作ったのは静岡にある「ひしだい製茶
地元のテレビ局などで取り上げられ
世界緑茶協会が主催するイベント
「第2回O-CHAフロンティアコンテスト」で銅賞を受賞している。
イベント名がゆるいことと、金賞じゃないせいで
すごいのかどうかイマイチ分からないのが残念だ。

350mlで210円。高いと見るか妥当と見るか。
posted by fay(フェイ) at 02:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

闘えラーメン部

今日のお昼はちょっと遠出をして
会社のデザイン部兼ラーメン部メンバーで
恵比寿にあるラーメン屋「光麺」へ。
koumen.JPG
有名な店なので知っている人も多いかと思うが自分は今回が初めて。
熟成光麺730円と餃子と史上最強のプリンを注文。
とんこつベースの醤油味だが後味がとてもすっきりしている。
鶏がらも使っているせいだろうか。
麺は中ぶとでチャーシューが2枚、ほうれん草、メンマが入っている。
なかなかうまかった。
11時から17時までのランチタイム中なら
大盛り、ライス、味付卵、杏仁豆腐のいづれか1品を
サービスとして選ぶことができる。
餃子は4個だが、1個1個がでかいのでボリューム感がある。
味はまあ、よくある中華餃子だ。

プリンは「パステル」に代表されるなめらか系。
まあまあだが、パステルの方がうまい。
ラーメン屋とケーキ屋を比べてもしょうがないだろうけど。

当初頼んでいたのはプリンだったのだが
店がオーダーをミスって杏仁豆腐が運ばれてきた。
頼んでないと伝えたら、
店員は謝った後、「良かったらこれも食べてください」とのこと。
ラッキー!デザート1品得をした☆棚ぼた棚ぼた☆


moomin.JPG
変な菓子好きのぶっさんさんことSさんが
また新たな菓子を発掘。
「ムーミンのほっぺ・バナナマシュマロ」だ。
カバのほっぺかー、
おっと、ムーミンは妖精だったな。
買ってからしばらく袋の口が開けっ放しだったらしく
ムーミンのほっぺは表面がガサガサになっていた。
ムーミンも乾燥肌だったんだね。
しかも意外にに歯ごたえがある。
ムーミン、肌が角質化してるぞ。
妖精もスキンケアが必要だ。
posted by fay(フェイ) at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

DIET FURIKAKE!!

なんともロックユーなタイトルだが
こういう商品名なのだから仕方が無い。
有限会社バランスがこの度生み出した新商品
DIET FURIKAKE」”ダイエットふりかけ”だ。
20060419-00000000-fash-ent-thum-000.jpg

furikake.JPG

ご飯にサラサラッとふりかけて7日間食べ続けると、
味と見た目による不快感を脳が覚え
徐々に食欲が無くなっていくというものだそうだ。
青い色は天然ブルーベリーエキスによるもので
添加物は一切入っていないんだとか。
もちろん味はちょいマズらしい。

いやはやどーしちゃったんだろねー、これは。
ダイエット食品もここまで来たとは。
理科準備室でこういう色した科学薬品見た覚えがあるなー。

でもなぁ、食欲なくなるのはいいかもしれないけど
結局別の物を食べちゃう人が続出しそうな気がするんだが。
こりゃーみのもんたが薦めてもダメだろ。

1箱4200円だそうですが、
女性の皆様いかがでしょ?
僕は大人のふりかけの方がいいです。
posted by fay(フェイ) at 01:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

転がる石にこけは付かない

昨日に引き続き、今日も渋谷の東急百貨店で開催されている
「福岡物産展」に行き、オバちゃん達に混ざって
会社の人に頼まれたものを探す。
今日頼まれたものの1つ
「豆腐ローリングストーン」
tohu1.jpg
木村カエラや加藤ローサと並ぶ、漢字+カタカナ表記だ。
蓋を開けてみればただの燻製豆腐なのだが、
何故こんな名前なのか。

これを作っている福岡の豆腐店「豆藤(まめふじ)」の四代目店主は
ボブ・ディランのファンだそうで
彼の曲である「ライク・ア・ローリングストーン」
からその名前を取ったそうな。
残念ながらローリングストーンズではない。
この情報を昨日手に入れ、今日物産展へ行ってみると
なんと四代目自ら売り子をしているではないか。
しかも高身長でイケメンだ。
豆腐を注文し、お代を渡す。
そして聞いてみる。

俺「ホームページ見ました」
四代目「ありがとうございます」
俺「ボブ・ディランが好きなんですか?」
四代目「(照れながら)あ、はい。そうなんです」
さわやかすぎだよ四代目!
ローリングを食えばそんな風になれるのか?

清々しい「ゆず」、スパイシーな「ブラックペッパー」、
濃厚な「深燻」、やわらかな薫りの「浅燻」の4本セットで1050円。
チーズのような感じだが、臭みが無いので食べやすい。
酒のつまみにもってこいだ。
自分はどんぶりめしが食べたくなったが。
kunsei_s.jpe

豆腐好き、イケメン好きは東急百貨店渋谷駅・東横店へ!
来週水曜日までだぞ!
posted by fay(フェイ) at 00:07| Comment(4) | TrackBack(1) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

鬼瓦のデザイン、わりと好きです

今日から渋谷にある東急百貨店・渋谷駅東横店にて
福岡物産展」が開催中。
いつもお土産をもらってばかりなので
会社に行く前にぶらりと立ち寄る。
昼食にと、焼き&締め鯖寿司のセットを1つ。

sabazusi3.JPG

締めも焼きもうまっ!
4貫で680円。割高なのは輸送費と考えよう。

sabazusi2.JPG

会社の人たちへの差し入れとして鬼瓦モナカ1個210円を人数分。

onimona1.JPG

鬼瓦のデザインが施され、いい感じだ。
アンコがそんなに甘くなく、上品なお味。

sabazusi1.JPG

画像はセットになった物だが、
バラ売りもしているので1個から買うことができる。

今日早速会社の人にリクエストを頼まれた。
明日、第2回戦が開戦。
posted by fay(フェイ) at 00:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

ナカメグロ高校オムライス部

あーなんだか仕事に集中できない日だ。
疲れているのか?
そんな時はオムライスを食おう!
以前紹介した雑貨屋兼レストラン「さくらショッピングセンター
の隣の駐車場は、「ネオ屋台村」と称していて
日替わりで移動販売車がやってくる。
今日火曜日はオムライス屋「Omtrak」が来ていた。
omtrak.JPG
画面左の黄色いトラックは新宿に本店がある
ゴーゴーカレー」だ。

ビーフデミグラスソース、チキントマトソースなどの
レギュラーソースメニュー4種類に加え、
月替わりの季節のメニューがある。
omrice.JPG
今日注文したのはポークホワイトソース630円。
わりと人気があるようで、
しかも目黒川の花見客が連日多数訪れているため
今日も売り切れ間近だった。

オムライス結構好きなんだなぁ、半熟卵系が特に。
これまで家でも何度か作ったりしてる。
会社から少し距離があるんだけど
オムライス部部長としてはこれからちょくちょく通わなくてはな。
posted by fay(フェイ) at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

納豆の逆襲

午前中歯医者に行き、銀歯を詰めてもらう。
かなりの大物だったので、かなりの部分が銀になっている。
舌で触れると、つるつるとした研磨された金属の感触がある。
奥歯だけターミネーターになった気分だ。
歯は大切にしよう。

という思いもどこへやら。
今日のおやつは
nattou.JPG
「納豆コーヒーゼリーサンド」


……来たか……。


チョコ納豆以来の納豆モノ。
nattou2.JPG
しばらく無かったから油断してた。
うぅ、最初の4文字はいらないのに…。

うちの会社のおやつの2回に1回は、
食べるのに勇気がいる物だ。
誰だよこんなの考えた奴はよぉ〜。
考えたのは鈴鹿に店を構える「鞍馬サンド
なんでも、京都鞍馬寺近くの茶店のおかみが、
お客にお弁当を頼まれた際、
冷たいおにぎりよりもサンドイッチの方がいいだろうということで
和素材を使ったサンドを振舞ったのが名前の由来だとか。
以来、定番から変り種まで40種類のメニューを取り揃えている。
関東では新宿ワシントンホテル地下と、最近荻窪にもオープンした。

しかしせっかく買ってきてもらったので食べる事にする。
写真には写ってないが、サンドを持ち上げたらクリームが糸引いてた。
あぁ、やはり納豆の要素が…。
これはもう勢いで食うしかない。
うりゃっ!


イケる……!


コーヒーが納豆臭を消しているのか、
無臭納豆を使っているのかは分からないが、納豆が気にならない。
なんだこれは!食べれるじゃないか!

誕生のきっかけは世紀の偶然。
新しい甘いサンドイッチを作ろうとしたオーナーが
冷蔵庫の中にしまってあった納豆を
生クリームの上に落としてしまったところから誕生したそうな。


奇跡だ、ごはん以外で納豆に合う物が存在したなんて。
これなら当たりの部類に入れられる。
ただ、何か大切な物を失った気がする…。
posted by fay(フェイ) at 00:53| Comment(3) | TrackBack(1) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

道明寺!

花より男子じゃありません。
でも団子、いや餅か。
moti.JPG
休日出勤の今日、ディレクターさんから頂戴しました。
関西では桜餅を道明寺って言うんすか。
え?桜餅と道明寺はちょっと違う?
桜餅は小麦粉だが、道明寺は道明寺粉を使うんだって?
しかも関東では、最初に作られた場所、
向島の長命寺にちなんで長命寺っていう別名があるんだって。
へぇー、初めて知った。
桜餅なんて食べた事なかったから
ディレクターさんに葉っぱ食っていいのか聞いちゃったよ。
あー、あんこの甘さと葉っぱのしょっぱさがちょうど良い、春の味。

susi.JPG
夜は社長が寿司を取ってくれた。
ひゃっほい☆休日返上でも良い事は起こるもんだ。
posted by fay(フェイ) at 03:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

おもちゃの缶詰への道 〜行動開始〜

※先に「作戦会議」のほうから読んでくださいな。

ネットの内容をにわかに信じ
会社帰りにコンビニに寄る。
情報の通り、4つほど手にとって見てみる。
む!確かに微妙に色が違う。
F1000002.JPG
チョコレートの部分の色が微妙に違うのが
分かるだろうか。
2つで見比べてもさっぱり分からなかったのに。
続いてフィルム。
インク.JPG
賞味期限のインクの濃さが微妙に違っている。
情報通りだ。
上部くちばしの色
F1000003.JPG
これはまったく見分けがつかない。
とりあえず上記2点の材料から
怪しそうな4個をチョイス。

家に帰って早速開けてみる事に。
4個の中からまず、
賞味期限のインクが妙に薄く、
側面のチョコボールの色が一番濃かった物を母親に渡す。
そして賞味期限のインクが1番濃く、
側面のチョコが一番薄かった物を自分が開けて見る事に。


まず母親の方は…



残念!はずれ。


そして俺のほうは…



F1000004.JPG

ででで、出たーーーーーーーー!!!!
うそぉーーーーーーー!?

紛れも無い、2枚目の銀エンゼルをゲット!!
これは信じていいのか!?
ちなみに残りの2つははずれ。
だがこれで缶詰まであと3枚。
このペースならさほど苦労せず手に入れることが出来そうだ。
さあ、あなたはどうする!?
あ、イチゴ味が比較的出やすいらしいって。
posted by fay(フェイ) at 02:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おもちゃの缶詰への道 〜作戦会議〜

インターネットは情報の宝庫だ。
世界の裏側で起こった事件から、
どこかの誰かさん家の晩飯のメニューまで
幅広い情報が落ちている。

先日うかつにも銀のエンゼルを当ててしまったため
人生初の「おもちゃの缶詰ゲット計画」を始動させた。
そこで会社のデザイナーさんの一言、
「エンゼルには見分け方があるらしいで。検索してみ」
本当かよ?眉に唾つけながらネットにダイブ。
するとあるもんやね、そんな情報も。
ヤフーで上から2番目に出てきたよ。

エンゼル判別マル秘テク

PCで見てる人は上のリンクから飛んでくれればいいが
このブログは携帯で見てる人が多いようなので
携帯ユーザー向けに内容を書きます。
今日はちょっと長いぞ。

当たりとはずれは生産ラインが違うらしく
その過程でわずかな差が生じるのだそうだ。

(1)裁断時のバリ
パッケージを打ち抜く際、最後に切り取られる部分にバリができます。これは天面や側面の糊付け部にあることが多いです。
このバリの位置が当たりとハズレでは若干ずれていることがあります。
若干のずれですので、普通に見ただけでは気付きません。7〜8個手に取り、そろえて斜め上から見るとわかりやすいでしょう。

(2)賞味期限の印刷
印刷されている位置、文字の大きさや太さが違っていることがあります。
これも数個を一緒に持って見比べると一目瞭然です。
賞味期限の日にちが違うものがまざっている事もありますが、これは販売店側が残り少なくなったカートンのチョコボールを、まだたくさん余っているカートンに移しかえたからだと思われます。紛らわしいですが気をつけてください。
(カートンとは20個セットの箱のこと)

(3)くちばしの折り線
天面にはくちばしが折れやすいように最初から線が入っています。
この位置の違いを同じように数個並べて探して見ましょう。
赤色と黄色の境目に線が入っているので、その境目と色の境界部を基準にすると見分けやすいでしょう。

(4)インクの色
別ラインで生産されているとゆう事は当然インクの補充も別々です。
同じ色に見えても微妙に色に差があることがあります。
天面のくちばしの黄色や、印刷してある文字の太さ等がわかりやすいと思います。
しかし慣れないと識別は難しいかもしれません。

(5)包装フィルム
包装フィルムには、はがす為に金色テープのついた「あけくち」があります。
このフィルムを見て、テープの出具合や切り込みの入れ具合が、他の物と比べて若干違うものがあります。この製品はあたりの可能性が高くなります。

(6)不慮の印刷ミス
これは確率的にはかなり少ないですが、原盤の傷やゴミの付着によってインクの抜けや別な色の付着がまれに見つかることがあります。
非常にまれなことなので、見つかったらラッキーぐらいに思ってた方がいいです。

その他にも糊付け部のずれ、パッケージの折り目の位置、重ね合わせの量など、細かい部分にいろいろな違いが現れることがあります。ちょっとした違いも見逃さないように心掛けましょう。
 
ここに挙げた例が、必ずしもすべて現れるわけではありません。
製造時期や製造場所によって色の違いが顕著だったり、バリ位置のずれが大きかったりします。
もちろん当たりとはずれの見分けがつかないほど完璧に近いカートンも存在します。
いくつかのポイントを臨機応変に組み合わせて識別に役立てることが重要です。

調べる方法としては、まずチョコボールがたくさん置いてある店を探します。
できれば20個入りカートンごと並べてあるお店がベストです。
比較するためには数がいります。
これが前提条件です。
そして20個入りの大箱に入っている場合はそのまま、バラ売りの場合は側面を見て賞味期限が同じ物だけをなるべくたくさん揃えて持ちます。
そして天面のバリの位置、くちばし部分の黄色の色の違いを見ます。
チョコボールの断面図や缶詰の色、キョロちゃんの顔色も見ます。
持つ角度をいろいろ変えながら見ると色の違いはわかりやすいです。
それでもわからないときは側面の賞味期限の印刷を見比べます。

賞味期限をチェックする事は非常に重要です。
新しいカートンだと思って識別をし一つだけ特徴的なモノが見つかっても、実は売れ残った数個を新しいカートンに入れ直して販売されている事が多いのです。
そうなると見分けるのが非常に困難になります。
製造時期が違うハズレの箱が一つだけ混ざっていることによって非常に際だった特徴が現れるのです。
賞味期限は必ずチェックし、同じ賞味期限同士のモノを比較するようにしましょう。

ここまでいろいろ説明してきましたが、近年ではメーカー側でも対策がなされ、複数のラインで作られたモノを一つのカートンに詰めるなどしてハズレ同士でも違いが現れる現象が出てきています。
それにより、当たりと思って買ってもはずれることが多くなってきました。
そのような対策に惑わされず当たりを引き当てることは困難ですが、上記の識別法を使えばなにも考えずに買うよりは、遙かに高い確率でエンゼルを引き当てることができるはずです。

5〜6年前はこれらの違いははっきりとしていました。このため、ほぼ100発100中で当てることができました。
年々印刷の精度が上がってきたため今では100発100中とはいきませんが、怪しいと思うものは買わずに確実に「これだっ!」という物だけを買えば、今でもかなりの確率で当てることができます。
手っ取り早く当てたいのでしたら、確率は下がりますが怪しいと思った物はどんどん買った方がいいでしょう。

金のエンゼルについても触れておきます。
金のエンゼルは本当に滅多に当たりません。
噂では25〜50カートンに1個(500〜1000個に1個)とも言われています。
それに比べて、銀のエンゼルは比較的よく出現します。
だいたい1カートンに1〜4個はあるようです。

この方法を踏まえ、自分なりに工夫してチャレンジしてください。
良い結果が出る事をお祈りしています。

以上を踏まえた上で
今日俺が買ったチョコボールのレポートへ続く。
posted by fay(フェイ) at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

期間限定お菓子

F1000014.JPG
会社のデザイナーさん、ぶっさんさんから
函館いかすみキャラメルをもらう。
色は噛み終わった後のブラックブラックガムだが
味は普通のキャラメルと変わらない。
前回のがごめ昆布キャラメルとは違い、特筆すべき点が無い。

別のデザイナー、Mさんからドリアンチップスをもらう。
ドリアンと言えば果物の王様だが、臭いが強烈なことでも有名。
しかしこれは悪臭は全くと言っていいほど無く、
くせが無いので非常に食べやすかった。
ところが、Mさんと俺以外のスタッフには大不評。
俺だけ1人でパリパリやっていた。
なーんだもったいねーなー、みんな。

ん?待てよ、よく考えたら俺とMさん花粉症。

鼻、つまってる。

味、分かりづらい。

コレ、うまい。

今喰っとかないと大変な事になるな。
posted by fay(フェイ) at 02:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

ナンじゃこりゃあ!

所用で江古田に出向き、帰りに以前から気になっていたカレー屋
スワガット」に大学の後輩と寄る。
ビルの二階にあり、そんなに目立たない店なのだが実はこの店、
現在3月12日午前2時30分現在において
ライブドア東京グルメ総合ランキング」第6位なのだ!
現在6位だが、以前自分が見たときは確か2位だったような。

早速チキンマッシュルームカレーを注文。
せっかく専門店なのでナンセットにする。
20060311142634.jpg
ナンでか!皿からはみ出してた。
そしてうま!
うまい!ナンがうまい!
表面は程よく固めで中はもちもち。
カレーもうまい!
カレーでここまでうまいと感じたのは初めてだ。

この店、実は一時的に閉店していた時期があり、
しばらくして再開した。
閉店前に一度だけ行ったことがあったが
その時は感動するほどのうまさはなかったのでそれっきりだった。
何が変わったんだろう?
素材?コック?食器?
いずれにせよ、近くに住む人はぜひ行くべし。
学生街だがメニューは少し高め。
学生証があるとお得な学生セットが注文できる。

来週も江古田に行く用事があるんだが、
また行こうかな。
posted by fay(フェイ) at 02:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

黒き稲妻

20060309212402.jpg
昼食とブログネタを探しにコンビニへ。
お菓子コーナーでネタ発見。
目に付いたのは商品名ではなくキャッチコピー。
「おいしさイナズマ級!」
駄菓子なのに?イナズマ級って具体的にどのくらいよ?
「若い女性に大ヒット中!」
こんなチョコが?32円のくせに?
本当にヒットしているのか確かめるべく
専門学校のクラスメートの女の子にあげてみた。

「うん、フツー」

そらそーだわな。
ビスケットに安っぽいミルクチョコレートがかかっているだけ。
さくさくしててそれなりにうまいけどね。
それでも駄菓子級だよ。

コンビニの値札には
「九州地区で大人気!」
と書かれていたが、作っている有楽製菓は、
本社は東京で九州には営業所なんて無い。
はて?しかも名古屋で人気という話もネットで見かけた。
北上してきている?
ブームが関東上陸!?

でもイナズマって光るのは一瞬だよな。
posted by fay(フェイ) at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

海の恵み

海野恵。
こういう名前の人ホントにいそうだな。

いつもお土産をもらうデザイナーさんに
新しいあだ名が付いた。
その名も「ぶっさん」
木更津キャッツアイではない、
物産展によく行くからだ。
年上なので呼ぶ時はぶっさんさんと呼ばなくてはいけない。
そんなぶっさんさんからいただいた今日のおやつ。
「がごめ昆布キャラメル」
img08547964.jpeg
がごめ昆布とは
北海道の函館市〜室蘭市にかけて生息。
「かごの目」に似た突起が表面にあることから、
そう呼ばれている(別名、ガニアシ)。
他の昆布と比べ、とても粘りが強く、
多くの栄養成分を持っているのが特徴。
北海道の郷土料理で有名な松前漬は、
がごめ(ガゴメ)昆布と数の子を漬け込んで作られます。
だそうな。
gagome_k_k2.jpeg
キャラメルにほんのりと磯の香りがする素朴な味だ。
うーんどこかで食べた事あるような。
でもそれが何かは思い出せない。
作っているのは北海道函館市にある道内食品株式会社。
実はこのお菓子、
函館圏優良土産品推奨会で最優秀賞にあたる
「函館市長賞」を受賞している。
名産品の多い北海道で最優秀賞を取るとは、あなどれん。
posted by fay(フェイ) at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

バーチャル→リアル→?

20060307233317.jpg
TVゲーム「ファイナルファンタジー」に登場する
体力を回復するアイテム「ポーション」が
実際に清涼飲料水としてサントリーから発売された。
このアイテム、ゲーム中では1番安く、且つ1番回復量が少ないが
シリーズを通して登場している。
味は駄菓子屋で売っている粉末サイダーを水で溶いた味そのもの。
ハーブが数種類入っているそうなのだが
香りは確かにあるものの味は薄い。
正直そんなに美味しくはない。
逆に少し体力が減った気がする…。

架空の物を現実化させるこの企画、なかなか面白い。
絵本やマンガなどに登場する食べ物は
たまにとてもうまそうに見えるものがあるだよなー。
例えば「マンガ肉」
ぶっといハムみたいな肉の真ん中に骨が1本刺さっているやつだ。
調理法は大抵焼いてあるだけだがとてもうまそうに見える。
ドラゴンボールで悟空が食ってた。
でもあの肉は何の肉でどの部分なのかは永遠の謎だ。
人間でいうなら太ももの肉があれに近いかな。
太ももの中心には大腿骨が1本通っているし、
スポーツ選手などの鍛え上げられた太ももなら
かなり近い形になると思う。
でも待てよ、太ももは複数の筋肉に分かれているから
ハムのようにはならないな。動物のしっぽとかか?

思い出したら腹減ってきたな。
明日は肉料理を食おう。
posted by fay(フェイ) at 02:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

完全食虫マニュアル

もうすぐ春ですねー。
動植物達が息づく季節です。

先日、自衛隊の護衛艦からネット上に流出した
機密書類の中に「レンジャーハンドブック」というものがあった。
自衛隊の精鋭部隊「レンジャー」用の教本だそうで
潜入や襲撃方法について書かれているのだが
その中に、サバイバルマニュアルとして
昆虫を食べるためのレシピが載っており、
一部で話題になっている。以下はその一例。

●カマキリ
羽をむしってから焼いたり炒めたりしよう。煮てもよい。
●カブトムシ
幼虫の焼いたものは香りもよく、
一度食べたらやみつきになりそう。
成虫は羽や足が焦げる程度に焼こう。
●クワガタムシ
カブトムシと同じようにして食べる。
●カミキリムシ
幼虫はテッポウムシという。
生でもいけるし、焼いてもよい。
生のあじは刺身のトロに似ている。
●クモ
足を取ってから食べる。
味はチョコレートそっくり。
●シロアリ
生のままが最高。
太くて古い幹にいっぱいいる。
●ムカデ
あまりおいしくはないが、唐揚げにしてみよう。
●ハチの子
生でもOK。炒めたり、煮てもよい。
ただし捕まえる時は親蜂に刺されないように注意すること。
●サクラケムシ
唐揚げがよい。エビの唐揚げのような味がして絶品。
●イモムシ
焼いて食べる。ポンと皮がはじけたら食べ頃だ。
●ウジ
佃煮がおいしい。生でも大丈夫。
ただし、ホタルやナメクジには手を出さないこと。
ホタルの発光体には猛毒がある。
ナメクジを生で食べると下痢をするし、高熱が出る場合もある。


レシピに加え、グルメ雑誌のようなコメントまで添えられている。
ナメクジを食べて下痢や発熱…。
ということはそうなった奴がいるってことだな…ご苦労様です。
エスカルゴは食えるのにナメクジはダメなんだな。

どれか食べたくなった?
クモなんか比較的手に入りやすいんじゃないかな?
でも種類が多くて食べれるのがどれか分からんな。
カブトムシの幼虫なんか今なら地中にいるかも。
春はすぐそこですよー、
バグズライフを堪能しよう。

ソース
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_03/t2006030201.html
posted by fay(フェイ) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。