2013年07月02日

JAXAで宇宙の神秘と社食に感動(?)の巻!

CAM00024[1].jpg


久々の更新でございやす。
先週、友人のお誘いで、『JAXA 筑波宇宙センター』
見学ツアーに参加してきました!

つくばエクスプレスつくば駅より車で5分。
緑も目立つニュータウンの中に作られていた。

東京ドーム約14個分の敷地内には、
ISS(国際宇宙ステーション)を24時間交信しているセンターや、
宇宙飛行士の訓練施設、見学者用の展示室などが備わっている。

また、敷地が広大なため、
「セブンイレブンつくば宇宙センター店」なんかもある。

施設の一部は無料で開放されており、予約も不要。
ただ、
「宇宙飛行士」
「宇宙ステーション」
「ロケット」
の3コースは予約が必要となる。
ちなみにこちらも料金はタダ。

そんな中、今回は宇宙飛行士コースに入隊しました!!

総合受付棟で登録を済ませしばし待機したあと、
まずは10分間の紹介ビデオを参加者全員で見ることに。

中身はわりと普通の会社紹介ビデオで、
出演している女性社員は
ここでの美人さんという扱いなのかなー、
なんてところにばかりに気持ちが行ってしまう。

CAM00029[1].jpg

施設内には日本人宇宙飛行士の写真も。
ガチャピンも宇宙に行ったはずだが、
カウントはされていないようだった。

ビデオを見たあとは、ガイドさんの案内で
バスに乗って施設内を移動。
ここからいよいよツアーらしくなってくる。

CAM00031[1].jpg

訓練施設では、宇宙服のレプリカが置かれ、
飛行士候補生が地上で受ける訓練をレクチャーしてくれる。

この訓練内容が想像以上にきびしい!

閉所で長期間過ごして協調性を試す訓練や、
頭側に6度下に傾いたベッドにずっと寝かされる訓練など、
理性がぶっ飛んでどうにかなりそうなものばかり。

CAM00042[1].jpg

SF映画のように宇宙で気軽に暮らすには、
まだまだ相当な時間がかかりそうだ。

宇宙飛行士の現実を目の当たりにしたあとは、
展示館「スペースドーム」へ。

CAM00046[1].jpg

ここには、天気予報でおなじみの「気象衛星ひまわり」や、
ISSの実験施設「きぼう」と同じスケールのレプリカなどが
展示されていて、ツアー最大の見どころとなっている。

CAM00047[1].jpg

気象衛星ひまわり

また、ミュージアムショップも併設されていて、
宇宙食を模したものや各種グッズを買うことができる。
JAXAには、「ジャクマ」と言うクマのゆるキャラがいるが、
なぜか全くグッズ販売がされていないという鬼の所業w


一通りツアーを終えたところでお昼となったので
社員食堂へロケットばりのスピードでGO!

最初と同じ受付棟で利用申請をすることで、
一般客も食事を楽しむことができる。

CAM00066[1].jpg

定食や小鉢を始め、デザートまで
かなり豊富な品ぞろえだった。
プリンうまかったです!

おそらく外に出る機会が少ないため、
食事も娯楽の1つになっている気がする。

宇宙のことについて、
とても興味深く知ることができた貴重な一日だった。

ただ個人的には、スペースデブリ(宇宙ゴミ)のような、
宇宙開発の問題点についても
もっと伝えた方が良いのではないかと思った。

数年前から言われている事だし、
今後宇宙開発が進むにつれて
避けては通れない事だと思うんだよなぁ。





posted by fay(フェイ) at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。