2013年01月29日

なにげに良作『プラダを着た悪魔』レビュー



見てなかったんですけど、
会社の社長がすごく推してたので見てみた。

さえない中途採用の女性アンドレア(アン・ハサウェイ)が、
超有名アパレル雑誌「ランウェイ」の
メガスパルタ編集長ミランダ(メリルストリープ)の
専属アシスタントとして奮闘するというストーリー。

ライトな感じのサクセスストーリーと思ってたけど、
意外と奥が深かった。
仕事に対する心構えや考え方、私生活とのバランス、
自分らしく生きるということ、といった要素が
上手に盛り込まれてる。

舞台がファッション業界なので
全体がポップで華やかな雰囲気だけど、
それが作品の「花」になっていてすごくいい。

メリル・ストリープの芝居もすばらしい。
さすがアカデミー賞を2回も受賞するだけはある。
しかも彼女の演じるミランダは超仕事ができる人なので、
仕事に役立てられそうなところも多く、実用的で良かった。

アン・ハサウェイも、かわいらしさを残しつつ
デキる女へと少しずつ変化していく過程が見どころ。
メイクによってはくちびるお化けになる時もあるけどw

ビジネスマン、ビジネスウーマンには特にオススメ。
これは息抜きにも勉強にもなるよ。




posted by fay(フェイ) at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316906243

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。