2012年09月02日

拙者、映画『るろうに剣心』を見てきたでござるよ



実写版るろうに剣心を見てきた。

これまでマンガを実写化した作品が数多く作られてきたが、
イマイチな印象で終わる作品が少なくなかった。
やはり2次元の良さやイメージを踏襲しつつ
3次元世界で再現させるというのは難しい事だと思う。
メディアなどで、ついに実写映画化!!
というようなコピーを見る度に、
(うわーまたかー、やめればいいのになー)
とよく思っていた。

当初るろ剣もあまり良いイメージを持っていなかったが、
鑑賞してみてその印象は全部取っ払われた。

るろ剣と言えばやはりアクション!
主演の佐藤健はあの超人的な飛天御剣流剣術を
舞うような身のこなしで実現させていた。
そしてそれに勝るとも劣らない刃衛役の
吉川晃司の演技力にも驚いた。
今作1番のハマリ役だったと思う。

また、アクション監督である谷垣健治は、
倉田アクションクラブで演技を学んだ後、
香港のアクションスター、ドニー・イェンに指導を受けて
アクション監督になった人。

出演者の運動神経にも驚いたが、
スピード感溢れるアクションシーンの素晴らしさは
この人の功績が大きいように思う。

さらに、原作でおなじみのあの店やエピソードなど、
ファンが喜ぶ要素が散りばめられていてたまらんかったです。

弥彦がちょっと幼かったり、斉藤のしゃべりのテンポが
若干速く感じられたりと、細かいツッコミ所も多少はあるが、
武井咲が予想外にかわいかったので許す!

中途半端なCGやメイクなどで無理やり原作に似せるのではなく、
現実世界で生身の人間ができる範囲で
作品を再現させたという事が、
今作が成功した理由なのではないかと思う。

マンガ実写化作品の1つの成功例として
今後のお手本とすべき作品だとここで明言したい。
たくさんの魅力に溢れた作品なので書きたい事はまだあるが、
後は実際に劇場に行って確かめてみてほしい。


それにしても、るろ剣のデキが良かったもんで、
秘密のアッコちゃんのCMを見ると
ちょっとイラッとするようになってしまったw

posted by fay(フェイ) at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289848444

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。