2012年06月30日

サメに片腕を奪われた女性サーファーの半生。映画『ソウルサーファー』レビュー



公式
http://disney-studio.jp/movies/soulsurfer/


プロサーファーの両親を持ち、
幼い頃からサーフィンに慣れ親しみながら育った
女性プロサーファー、ベサニー・ハミルトン。

将来を有望されていたが、13歳の時サメに襲われ
左腕を失ってしまう。そんな彼女が腕を失ってから
サーファーとして復帰するまでの実話を映画化した作品。

ベサニー・ハミルトン -wikipedia-
http://bit.ly/IF9t4Y

片腕を失い、大好きなサーフィンはおろか
日常生活もままならない状態になってしまうが、
1年足らずでコンテストに出ようとする
不屈の闘志にまず頭が下がる。

数々のトレーニングを重ね、家族や友人の協力もあり、
物を運ぶことすらまともにできなかった彼女が、
海に戻り、本来の姿を取り戻していく。
華麗でダイナミックなトリックを決めるシーンでは、
前半のギャップと相まって、感動の波が胸の中に押し寄せてきた。

大会で結果を残すという偉業ではなく、
現状を受け止め、逆境を乗り超えるという
その生き方がメチャクチャカッコいい!!
本当にソウルが伝わってくるような熱い作品だった。
これはオススメです!!

ストーリーの良さだけで勝負できる映画だが、
海の美しさや、サーフィンのトリックも見所の一つ。
また、落ち込んでいたベサニーに母が見せる一枚の写真と、
本編の最後でベサニーが語る、
サーフィンと人生に関するモノローグも秀逸。

posted by fay(フェイ) at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278051962

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。