2012年06月25日

今度はチャラ男!?映画『アメイジング・スパイダーマン』レビュー



公式
http://www.amazing-spiderman.jp/

前作からスタッフとキャストを一新した今作。
どうかなーと思ってたけど、結構楽しめました。

主人公の名前こそ前作と同じだが、性格が少し異なる。
具体的に言うとチャラさがアップしているw
自分の超人的能力に酔いしれるうち、
徐々に川越シェフばりのドヤ顔になっていく。
いつ、「キミかわウィーねー」と言うのか期待していたが、
さすがにそれは無かった。
しかし、ハリウッド映画で数年前から続いている
「悩めるヒーロー像」は今作でも継承されていて、
ドラマチックな描写もあるのは良い。
最初がチャラかったので、この流行もそろそろ終わりかと
思っていたが、しっかり受け継いでいた。

また今作では、スパイダーマンの主観視点を使った
ロープアクションのシーンが多数見られた。
これは前シリーズにはあまり見られなかったもので
とても良かった。アクションシーンの中では
一番差別化を感じられた部分だ。
個人的には、もっと増やせばいいのに、と思ったが、
増やすと酔う観客が出てくるかもしれないので
適度にしか挿入できないのかもしれない。

映像はそんな感じで魅力もあったが、
その一方、敵モンスターが果てしなくダサい!!
一応原作に登場する敵キャラだそうだが、
オリジナリティーを感じさせる特殊能力は無く、
攻撃方法も単純でデザインもいまいち。
戦いの舞台となる場所で個性を出そうとしているが、
それでも敵の魅力が無さすぎた。

前シリーズと変わっている点も多々あり、
敵キャラに魅力が無かったのは残念だが、
アナザーストーリーとして楽しめる作品に仕上がっていると思う。
過去の作品を見ていない場合、
こちらから先に見るのもアリかもしれない。




posted by fay(フェイ) at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277113013

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。