2012年06月04日

気になる映画『リンカーン秘密の書』



公式
http://www.foxmovies.jp/lincoln3D/index.html

アメリカ大統領リンカーンに隠されたもう一つの顔とは……。
と謳っているが、原題(日本では副題)が
『エイブラハム・リンカーン:ヴァンパイアハンター』なので
もろバレです。

ジョニー・デップ主演の『ダークシャドウ』に続く、
本年度のヴァンパイア映画枠作品。
しかしゾンビとヴァンパイアは未だに新作が作られるけど、
どうしてそんなに人気なのかなぁ。
どちらもお化けとしてはクラシックの部類に入ると思うんだけど。

ファンがいるのはもちろんだが
作り手側がモチーフとして扱いやすいという理由もある気がする。
『ヴァン・ヘルシング』のような時代劇としてももちろんいけるし、
『バイオハザード』のように、人体実験の失敗で生まれた
とかいう設定にして近未来の話にもできる。
ビジュアルもモンスターとして分かりやすい。
あとは近年女性に人気のあった『トワイライトサーガ』のように
背徳的なロマンスにも仕立て上げられる。
このように、設定次第で無限の広がりを作れるところも
人気の秘密なんじゃないだろうか。


posted by fay(フェイ) at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。