2012年04月03日

老人に隠された秘密とは?映画『ヒューゴの不思議な発明』



ヒューゴの不思議な発明を見たよ。

駅構内にある機械室にたった1人で暮らす少年ヒューゴと、
その駅中にあるおもちゃ屋のおじいさんの交流を描いた作品。
一言で言い表すなら、「映画好きのための映画」だった。

老人と少年の交流を描いた作品といえば
最近では「グラン・トリノ」が挙げられる。
グラン・トリノでは2人をつなぐアイテムは「車」だったが、
今作ではそれが「映画」になっている。

タイトルには「ヒューゴ」と付いているが、
ヒューゴとおじいさんのダブル主人公と言っても過言ではない。

主人公を年齢差がある2者に設定する事で、
広い年齢層に作品のメッセージを伝えられていると思う。
ヒューゴとおじいさん、どちらに自分の心を映すか、
それとも両者か、というように
自分に合った主人公を追えるからだ。
おかげで両者に感情移入できた自分にって
とても良い作品になった。

「過去の失敗で人生を諦めてしまった老人」と、
「夢と希望を持ったひたむきな少年」という設定は、
それぞれを見れば、ありふれたものかもしれない。
しかし両者が合わさり、「映画」というモチーフを使う事で、
この作品は新しいシナジーを生み出しているように思う。

ただ、確かに「映画」というモチーフが
自分にとってかなり好物なので
評価が上乗せになっているところもあると思う。
しかしそれを差し引いても、ダブル主人公のおかげで
幅広い年代に受け入れられる気がする。

今回は3D版を鑑賞。
3Dを意識した映像演出も各シーンに見られたが、
それほど驚きはなかったので2D版でも問題無いと思う。
また、リュミエール兄弟が最初に作った世界最古の映画など、
貴重な映像も劇中に出てくるのでその辺りも見所の1つ晴れ

さらに、本作を見る前に劇中でキーとなる映画
「月世界旅行」を見ておくと、より楽しめるはず。

追記
予告編ではからくり人形が謎解きのキーとなっているが、
映画好きの視点で見てしまって、
今本文読み直したらソコぜんぜん触れてなかったっすねw

posted by fay(フェイ) at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。