2012年01月11日

東京チカラめしの「焼き牛丼」を食べてみた!!

今日は友人の情報で知った
東京チカラめしの焼き牛丼を昼に食べました。

東京チカラめしは牛丼屋チェーンの一つで、
経営元は居酒屋「東方見聞録」や「黄金の蔵」を経営する
三光マーケティングフーズ

DSC_0437.JPG

頼んだのは並盛り280円(味噌汁付き)とサラダ100円。

浅めで広いどんぶりは量が多く見えてなんとなく嬉しい。
肉は切り落としではなくバラ肉で食べごたえがあった。
玉ねぎはほとんど入っておらず、また微かに炭の香りがした。
炭火で焼いているのか?

牛丼と言うとダシを使った和風の味付けが主流だが、
こちらはいわゆるカルビ焼肉弁当風味。
いつもの牛丼も好きだけど、この洋風な甘辛味も良い。
今までこの味は定食かコンビニの弁当しかなかったので、
安いどんぶりとして楽しめるのは良いな思った。

牛丼の第2の選択肢としてアリだなー。
確実にまた行くねコレは。
店員の接客態度も良かったし、店内もきれいだったけど、
ドレッシングと焼肉のタレらしきボトルが
油でベタベタだったのがちょっとマイナスポイントだった。
この店だけかもしれないけど。



posted by fay(フェイ) at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245438964

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。