2014年02月11日

レーサーに言葉はいらない『RUSH・プライドと友情』



ロンハワード監督お得意の、
男臭い映画をみてきましたよ。

スピード感あふれる映像と、
ジェームス・ハントとニキ・ラウダという
2人のF1パイロットが織りなす熱いドラマに胸が熱くなる。

ストーリーは、1976年のF1グランプリの
記録通りに進み、結末も同じ。
だが、自分が生まれる前の時代に、
これほど劇的な幕切れがあったのかと、とても驚かされた。

男子は見た後に何か行動を起こしたくなるはず。
ぜひウィキペディアは見ずに劇場へどうぞ。


posted by fay(フェイ) at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。