2012年11月28日

気になってたアニメCM『ベンツ NEXT A-Class』



来年発売されるメルセデスベンツの新車を
フィーチャーした6分の短編アニメーション。

制作:Production I.G
監督:西久保瑞穂 脚本:谷村大四郎
キャラクターデザイン:貞本義行 音楽:川井憲次
出演:沢城みゆき 津田健次郎 鈴村健一 岸野幸正

TVCMで気になっていたものの、本編をチェックしてなかった。
SFっぽい世界観や、マリオカートのような道路など、
アニメの良さを活かした演出が豊富でイイ。

オフィシャルサイト
http://next-a-class.com/animation/index.html
posted by fay(フェイ) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

気になる映画『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』



あまりの感動に、初めてTVアニメのBlu-rayを買った傑作。
だが、エンディングを見ると泣いてしまうのが分かっているため、
買ったのに未だに見ていないという始末w

劇場版はテレビ版とはエンディングが違うんだろうか。
気になるぅ〜。
2013年夏公開予定。

オフィシャルサイト
http://www.anohana.jp/index.html



posted by fay(フェイ) at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

東野圭吾の新作!『プラチナデータ』予告編



ミステリー作家東野圭吾の著作
「プラチナデータ」を映像化。
出演は二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、ほか。
監督は竜馬伝、るろうに剣心の大友啓史。

るろ剣の出来が良かったので、
東野圭吾×大友啓史という組み合わせにすごく期待!

DNA捜査により検挙率が0%の社会って、
なんかスピルバーグの
マイノリティーレポートを思いだすなぁ。

オフィシャルサイト
http://www.platinadata.jp/



posted by fay(フェイ) at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

クマのおっさんがしゃべる!気になる映画『テッド』予告編



マークウォールバーグ主演のコメディー。
映画館で予告編を見たとき、
爆笑しそうになってしまった。

はたして物語のラストで魔法は解けるのか?
コメディーから感動モノにシフトするのか。
その辺りも気になる。

テッド公式サイト
http://ted-movie.jp/

posted by fay(フェイ) at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Q」の名にふさわしい内容!『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』レビュー



今週火曜日にエヴァQを見てきた。
印象としては、
本当に「Q」という名にふさわしい作品だったと思う。

「Q」はアルファベットで表記されているものの、
これはもちろん「急」のこと。
雅楽、能の世界に由来する、
曲または物語の構成法のことを指している。

物語が大きく変化することを意味していて、
今作ではその要素が大きく表れていてすごく面白かった。
新しいエヴァや新キャラなど、観客を飽きさせない工夫が
随所に見られてとても良かった。

また今作では、次回作に向けた
いくつかの謎や期待を残す結末となっていた。
それは「Q」、つまり「クエスチョン」という
要素であると自分は感じた。

このように、序、破からの変化と次回作への期待を兼ね備えた
今作は、4部作の3作目としてふさわしい作品だったと言える。


ここからは雑談です。
お時間に余裕があればお付き合いください。

鑑賞後、劇場のロビーで
「超つまんねー、全然分からんかった」と
ドヤ顔ドヤ声で叫んでいた若いあんちゃんがいた。

ツイッターでもつぶやいたが、
このあんちゃんの言ってることは間違っていると思う。

新劇場版は、これまでのシリーズと比べて、
世界設定やキャラクターの目的、心理などが
かなり分かりやすく描かれていた。
この人は恐らく過去作を見ていないのだと思う。

あれだけ意味深な謎や専門用語を内包していた作品が
どうして分かりやすくなったのか。

その理由として1つ挙げられることは、
みんな年を取ったからではないかと思う。
観客はもちろん、製作者達も年を取り、
「エヴァンゲリオン」というものへの認識と理解が
お互いに深まったからこそ、
今回のような作品ができ、評価されたのだと考える。

また、エヴァがこれだけ時間が経っても人気が衰えないのは、
TVシリーズや過去の劇場版で
多くの謎を残したからではないかと思う。

新劇場版でその謎が解明されるのではないか、
もっと明確でハッピーな結末があるんじゃないか、
というような疑問や願いがファンの中に残っていたから
お金を払ってでも見たいのではないだろうか。
自分もそのうちの一人です。

そのようなことから、エヴァンゲリオンというのは
人を惹きつけるとてつもない力を秘めた作品だということを
改めて思い知らされた。

それにしても、エヴァQって書くと
必ずオバQを思い出すんだよなぁ。


posted by fay(フェイ) at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

エヴァQ見たいよ!『エヴァQ 冒頭6分38秒映像』



上の動画はすぐ消されるそうなので、その前にちょっとだけ拝借。
今週中に見に行く予定だが、今日にでも行きたい気分。あ"ー。


posted by fay(フェイ) at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

気になる映画『劇場版ドラゴンボールZ』



まぎれも無い新作です!
実写版なんて無かったんや!!

おっさんとしては、やはりワンピースよりも
ドラゴンボールの方が思い入れが強い。
ゲームはちょいちょい新作が出てたけど、
劇場版は96年の「ドラゴンボール 最強への道」以来
実に17年ぶり。
しかも「Z」名義では、
95年の「ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」
が最終作になるので18年ぶりとなる。
今作では原作者の鳥山明も脚本の監修をするそう。
これは期待したいなー。

劇場版ドラゴンボールZ公式サイト
http://www.dragonball2013.com/

posted by fay(フェイ) at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

気になるDVD『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』



98年公開のSF映画「スターシップトゥルーパーズ」の新作。
CGアニメ「アップルシード」などの監督、
荒牧伸志の手により、フルCGアニメとして甦った。

随分懐かしいタイトルだと思ったら、今年で15周年だそうな。
映像はキレイなんだけど、ストーリーは期待できなさそうだなぁw
身も蓋も無い言い方をするなら、人と虫とのぶっ殺し合いだよね。

posted by fay(フェイ) at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

気になる映画『アイアンマン3』予告編(英語版)



いやー来た来た3作目。
3部作で完結するのかなー。

ダークナイトのクオリティーは
超えられないだろうけど楽しみ。

それにしても、新スーツがなんかダサいなぁw
作中でバージョンアップしないかな。

公開は来年夏。

posted by fay(フェイ) at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。