2012年09月22日

気になる映画『悪の経典』



生徒や上司からとても慕われていた完璧な教師が
ある日突然殺人者に豹変し、教え子や同僚を
次々と人を殺していくというサイコミステリー。

「黒い家」「青の炎」などで知られる貴志祐介の小説を映像化。
「ヒミズ」でベネチア国際映画祭新人-俳優賞を受賞した
二階堂ふみと染谷将太、「バッテリー」の林遣都らが共演。
「クローズZERO」「十三人の刺客」の三池崇史が監督。

かつてのバトロワを彷彿とさせる予告編。
水辺であれだけたくさんの人命を救った
伊藤英明が今度は殺人鬼にw
役者としての幅が広がりそうなキャラクターだが、
ものすごいバッシングが来そうな気もする。
作品だけでなく、伊藤英明の今後の評価も楽しみだ。
11月10日公開。

公式
http://akunokyouten.com/

posted by fay(フェイ) at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

Tarzan買いました。今回は『ゆがみ解消』特集!!

DSC_0850.JPG

毎度おなじみターザン買いました。
今回はゆがみ解消特集です。

DSC_0851.JPG

猫背や骨盤のねじれ、O脚、X脚といった
体のゆがみを見つける方法に始まり、
それを改善していくためのメソッドが
盛り盛りっと載ってます。

心当たりのある方は買ってみてはいかがでしょ?



posted by fay(フェイ) at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

トヨタドラえもん新CM『ジャイアンジャイ子の芸術の秋』編



最近別の件で話題のジャイ子こと前田敦子。
このタイミングでジャイ子をフィーチャーした新CMとはw
さらにジャイアンが歌っている歌は……。


posted by fay(フェイ) at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

夏の終わりの39祭りで使われたウォータースクリーンとは



ネットのニュースでたまたま見つけた動画。
8月29日に横浜で開催された、
初音ミク生誕5周年イベント夏の終わりの39祭りの模様。

今回使われているのはウォータースクリーンと呼ばれる、
水を使った透過スクリーン。
取り扱っている業者が国内に複数あり、
今回のイベントに使われた物が
どの会社の物かは定かではないが、
その内の1社、有限会社三恵企画のサイトに
その仕組みが書いてあった。
大量の水をポンプで汲み上げ、特殊ノズルで噴射することにより
幅50m高さ20mの扇形スクリーンを形成できるとのこと。
こちらの会社では各種イベントに使用された実績を持つ。

これまで伊達杏子などの様々なバーチャルアイドルがいたが、
どれもイマイチパッとしなかった。
初音ミクがこれだけウケているのは、透過スクリーンによる
リアルな躍動感と、一般の人が作った曲を歌いという、
ごく近い距離感なのかなぁと思った。




posted by fay(フェイ) at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

FF展の写真とか動画とか

DSC_0788.JPG

9月2日に渋谷ヒカリエで行われた
ファイナルファンタジー展に行ってきました。
そこで撮った写真などを公開でーす。

DSC_0799.JPG


DSC_0802.JPG


DSC_0801.JPG


DSC_0789.JPG


DSC_0808.JPG



映像コーナーでは、今年のE3で公開された
次世代映像エンジンによる技術デモも公開されていました。
全てリアルタイム演算処理による映像だそうです。
将来のFFはこのクオリティーで遊べるかも。

展覧会と謳っていましたが、
各セクションに制限時間(約10分)が設けられていて、
時間が来ると強制的に次に進まなければならず
ゆっくり見られませんでした。言わばツアーのようなスタイル。
ドラクエ展の方が好きなだけ展示物を見られて良かったです。
もっとゆっくり見られるなら有料でも良かったのに…。
同じ会社なのにこの違いは何なのか。

この一本道且つ自由度の低い鑑賞スタイルは
最近のFFに見られるゲームシステムと同じなので、
もしかしたらそういう点まで
フィーチャーしていたのかもしれません。

とでも思わなければやってられんw

FF展の後、渋谷パルコにある
バイオハザード カフェ&グリル S.T.A.R.S.にも行ってきました。
その話はまた次回!


posted by fay(フェイ) at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

拙者、映画『るろうに剣心』を見てきたでござるよ



実写版るろうに剣心を見てきた。

これまでマンガを実写化した作品が数多く作られてきたが、
イマイチな印象で終わる作品が少なくなかった。
やはり2次元の良さやイメージを踏襲しつつ
3次元世界で再現させるというのは難しい事だと思う。
メディアなどで、ついに実写映画化!!
というようなコピーを見る度に、
(うわーまたかー、やめればいいのになー)
とよく思っていた。

当初るろ剣もあまり良いイメージを持っていなかったが、
鑑賞してみてその印象は全部取っ払われた。

るろ剣と言えばやはりアクション!
主演の佐藤健はあの超人的な飛天御剣流剣術を
舞うような身のこなしで実現させていた。
そしてそれに勝るとも劣らない刃衛役の
吉川晃司の演技力にも驚いた。
今作1番のハマリ役だったと思う。

また、アクション監督である谷垣健治は、
倉田アクションクラブで演技を学んだ後、
香港のアクションスター、ドニー・イェンに指導を受けて
アクション監督になった人。

出演者の運動神経にも驚いたが、
スピード感溢れるアクションシーンの素晴らしさは
この人の功績が大きいように思う。

さらに、原作でおなじみのあの店やエピソードなど、
ファンが喜ぶ要素が散りばめられていてたまらんかったです。

弥彦がちょっと幼かったり、斉藤のしゃべりのテンポが
若干速く感じられたりと、細かいツッコミ所も多少はあるが、
武井咲が予想外にかわいかったので許す!

中途半端なCGやメイクなどで無理やり原作に似せるのではなく、
現実世界で生身の人間ができる範囲で
作品を再現させたという事が、
今作が成功した理由なのではないかと思う。

マンガ実写化作品の1つの成功例として
今後のお手本とすべき作品だとここで明言したい。
たくさんの魅力に溢れた作品なので書きたい事はまだあるが、
後は実際に劇場に行って確かめてみてほしい。


それにしても、るろ剣のデキが良かったもんで、
秘密のアッコちゃんのCMを見ると
ちょっとイラッとするようになってしまったw

posted by fay(フェイ) at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

ボルダリングジム『エスカラード』レポート

DSC_0774.JPG

ボルダリングに行ってきましたよー。
今回お邪魔したのは西新宿にあるジム
エスカラード

今回はボルダリング未経験である
会社の友人2人も一緒。

フロアは1階のみで、壁は大きく分けて3面。
それほど広くはないが、混んでもいなかった。
行った時間が21時過ぎと遅かったせいかもしれない。

友人2人は早い段階で腕が悲鳴を上げていたが、
最後は楽しかったと言っていたので良かった。
自分も今日は重心の移動を意識したムーブができ、
ちょっとだけ上達を感じられて良かった。

料金は1デイと土日祝日が2100円、アフター6は1575円。
初回のみ登録料1575円がかかる。
また、学割やシニア割、月額会員制度に回数券もある。
さらにお店独自の割引もあり、9月はメガネ割
9月の毎週月曜金曜は、メガネをかけて入店すれば
料金が500円引きになるとのこと。
ちなみに伊達メガネやサングラスでもOK。
これは利用するしかない!
更に詳しい内容は下記公式サイトをチェック!

公式
http://www.escalade-climbing.com/

posted by fay(フェイ) at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。